集中保湿パックでお肌は潤う?

この保湿パックが効く!

【方法】ビオレのシートパックとニベアクリームパック

30代

ビオレのおうちでエステコットンパックを使っています。使い心地は乾燥している肌に密着し風呂上がりにつけますが浸透しているようで最初ベタつくのに10分すると肌に馴染んでいます。もう一つはニベアを使ってパックします。これは一週間に一度やっています。お風呂前に顔全体に厚く塗ってそのまま湯船に浸かり、しばらくしてから洗い流します。すごくしっとりして冬の乾燥しているときはとてもいいです。毛穴の汚れも取れるような気がしているので一石二鳥だと思って使っています。

【方法】市販の保湿シートパック

30代

LuLuLunブログで紹介されているのをよく目にしていたので試してみたいなと思い使用してみました。お風呂あがりにパックをしています。シートは美容液がたっぷりなので、顔のパックをした後に首や手足にも塗っています。とろみのある美容液でパックの後はうるおいます。

【方法】市販の保湿シートパックに100均のシリコンマスクの二重

40代

自宅で使用しているのは、コーセークリアターンのエッセンスマスクです。30回分がひと箱になっているタイプのもので、手ごろな価格ですがシートに適度な厚みがあり、美容液もたっぷり浸っているのでコスパが良い商品だと思います。

【方法】ドラッグストアの保湿シートパック

40代

ミノンアミノモイストという保湿パックを使用して1ヶ月になります。寝る1時間前に洗顔をしっかりして、そこにこの保湿シートパックを乗せて15分そのままの状態でいます。15分たったらシートを取り除き、顔についている美容成分をしっかりとハンドマッサージしながらさらに肌になじませます。このお手入れをすませると、肌がプルプルになりふっくらとした感じになってとても気持ちが良いです。

【方法】化粧水マスク

50代

私が使っているのは米肌の肌潤化粧マスクです。コーセーのもので、基礎化粧品も米肌を使っているので、一緒に使っています。このマスクを使うと肌がしっとりとして潤いが増したような感じになります。とてもいい感じです。

【方法】市販の保湿シートマスク

40代

私が使用しているシートパックは、韓国コスメの会社ダーマルのコラーゲンエッセンスマスクです。この保湿マスクは、一枚一枚が個別に包装されていてるので、衛生面でもすごく安心です。また香りも10種類以上あるので、その日の気分に会合わせて楽しく使うことができます。夜お風呂上がりに顔につけて10分から15分ほどおいています。たっぷり保湿成分を含んだシートパックなのでお肌がしっとり潤い満足しています。

【方法】市販の大容量シートマスク・韓国のシートマスク

32歳

普段、シートマスクはほぼ毎日使用しています。入浴後にプレ化粧水を塗布後にシートマスクを使用。その後にさらに化粧水・クリームを使用して保湿しています。毎日使用するものなので高いものは経済的にもよくないので、私は安く大量に入っているシートマスクを使用。今まではジッパー式に入っている物を使用していてのですが、今はコーセーコスメポートのプラケースに入っている物を使用しています。とても化粧水の浸透もよく、リピートしようと思っています。

【方法】コットンを使った化粧水パック

20代

私はどんなパックを使ったらいいのか分からないので、自分に合った化粧水を使って市販のコットンでパックをしています。メラノCCという美白化粧水なのですが、大容量で販売されていますので遠慮なく使えます。ちなみにパック製品はホテルのアメニティくらいでしか使ったことがありません。

【方法】市販のシートマスク

40代

毎回同じ物を使っているわけではなく、気になる物があれば色々試します。その中でもお気に入りはミノンの「ぷるぷるしっとり肌マスク」です。一枚のシートにたっぷり美容液が浸っていて、ぴったり肌にくっつく感じも好きです。商品名の通りぷるぷるになります。

【方法】市販の保湿シートパック

36歳

コーセーのクリアターン・ホワイトマスクのシリーズを使用しています。種類がありますが、その時の肌の悩みに応じて違う物を購入しています。ヒアルロン酸やコラーゲンのものの利用が多いです。お風呂上がりや、旅行先で利用しています。夏場は外で長時間過ごした後には必ず使っていました。しっとりしてつけ心地も悪くなく、夏は火照った顔にもきもちいいです。

保湿パックで一時的に毛穴が消える?その理由

保湿パックをしていると毛穴の開きが一時的に目立たなくなります。それで保湿パックにハマる人も多いですね。

ですが続かない…

でもやっていることは間違いじゃないんです。

紹介:頬の乾燥対策で毛穴が消える理由

毛穴が目立つ理由にはいくつかありますが、結局毛穴の入り口さえ狭くなれば目立たなくなるのは共通。

本当はハリ不足を何とかしないといけないのですが難しいので、入り口だけでもってことになると、保湿パックは結構有効なんです。

なぜかというと角質層に水分が入り込むから。これで毛穴を強制的に閉じたような格好になるからです。

ただ保湿パックというのは強引に水分を角質層に入れ込む作業なので、すぐに水分が逃げ出して元に戻ります。

それを留めるためにはどうすればいいのか?というヒントが、さっきのサイトに書いてあります。

毛穴吸引をするくらいなら集中保湿パックがまし

毛穴が気になる人が癖になってしまうアイテムがあります。それが毛穴吸引機です。

掃除機のように吸い込むことで、毛穴の詰まりを引き出して除去する道具です。

確かにエステサロンで使われるもので、市販でもそこそこ使えるものがあり効果があります。ただデメリットが後から出てくるため、あまり使用しないほうがいいとされています。

毛穴吸引機と頑固な角栓について

本当に100%毛穴だけに働きかけるなら吸引器もありですね。しかし実際は毛穴周辺の関係ない皮膚にまでダメージを与えてしまいます。それだとアウト。

それだったら、多少問題があるとしても集中的に保湿パックし、角質層をとにかく水分で満たしてやります。そうなると頑固な角栓も出やすくなり、吸引するほどの刺激を与えなくて済みます。

私なら吸引器よりやはり徹底保湿ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加